ゴーン被告が逃亡直前に行った焼き鳥店!秘書が予約し娘と来店




ニュース




カルロスゴーン被告は、音響機器を運搬する箱に隠れて、海外へ逃亡したとされています。

ゴーン被告が、出国の2日前の2019年12月27日(金)に、行きつけの焼き鳥店に行っていました。

スポンサーリンク




ゴーン被告が逃亡直前に行った焼き鳥店

ゴーン被告が、逃亡直前に行った焼き鳥店は、東京港区にある大衆的な焼き鳥専門店「串若」です。

・名前   串若(くしわか)
・住所   東京都港区芝5-29-2 三善ビル2F
・アクセス JR山手線・田町駅徒歩5分
      都営浅草線・三田駅徒歩6分
      都営大江戸線・赤羽駅徒歩12分
・ジャンル 焼き鳥、居酒屋、丼もの、串焼き
・営業時間 月~金
      ランチ:11:30~14:00
      ディナー:17:00~22:.30
      土曜
      ディナー:17:00~21:30
・定休日  日曜・祝日
・座席   55席


「串若」は、ゴーン被告の行きつけの店で、2019年12月6日にも訪れていたそうです。

グルメの口コミサイトによると、2011年には「串若」はカルロス・ゴーンの行きつけの店と書き込みがあります。

2015年には、「月1ペースで訪れるお店」と書き込みがあります。

店内に写真が飾ってあるそうです。

スポンサーリンク

秘書が予約し娘と来店

2019年12月27日(金)に、秘書が予約をしてお店を訪れたそうです。

口コミサイトによると、「若串」は人気があり予約が必要との書き込みがありました。

店主の宮地淳さんは、テーブル席にゴーン被告が座り、向かい側に娘さんが座ったと説明しています。

宮地徹淳さんによると、ゴーン被告は明るく、にこやかで、他のお客さんと記念写真をしまくっていたとのことです。

焼き鳥、好物の和風サラダなどを注文し、総額で6000円分の料理を注文したそうです。

店主には、「センキュー」と言い店を去ったそうです。

ゴーン被告は、この2日後の12月29日に、都内の住居を出て、協力者と落ち合い、JR品川駅から新幹線で新大阪駅に移動したとみられています。

逃亡の二日前に、焼き鳥店を訪れるとは気になります。


      




ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kanakokoをフォローする
スポンサーリンク
トレンドニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました