XSERVER(エックスサーバー)を契約してみた・10月10日18時まで初期費用半額キャンペーン中

レビュー





Xserver(エックスサーバー)は、ブログやアフェリエイトをしている人が、おすすめしていることが多いサーバーですよね。

現在、WordPress(ワードプレス)ではなく、ブログをしている人にとっては、とても気になるサーバーだと思います。

私も、ブログやアフェリエイトに興味はあるけど、有料で続けていけるのかな?と足踏みを踏んでいました。

現在、2019年の10月10日18時まで、 Xserver (エックスサーバー) は、初期費用の3000円を1500円(税抜)にしています。なんと半額です。これは、契約のハードルが下がりますよね。

私も、この半額キャンペーン期間にXserver (エックスサーバー) の契約をしました。半額ってうれしいですよね。

ブログを始めるきっかけや、XSERVER(エックスサーバー) について、なぜ、 XSERVER(エックスサーバー) を契約したのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブログを始めるきっかけ

私は、2カ月ほど、はてなブログをしていました。無料版の方です。

最近は、副業をする人が増えて、「ブログで月10万稼いだ」、「ブログで月100万稼いだ」という声をSNSなどで目にすることが増えました。

中には1000万円近く稼いだという話も聞こえてきます。収益額のスクリーンショットをブログやSNSに公開している人もいます。

私は、どこかで、画像なんで偽装もできるし、本当に稼いでいるのか、半信半疑でいました。

そんな私が、なぜブログを始めたのか?それには、理由があります。ブログでお金を生み出すことできる、という実感があったからです。

はてなブログでブログを始める前の話になります。

クラウドワークスというクラウドソーシングのサイトをご存じですか?クラウドワークスでは、仕事を頼みたい人と、仕事をしたい人がいて、オンライン上で仕事の契約や、仕事ができるのです。

私は、在宅でお小遣いを稼ぎたい、「テープ起こし」の仕事でもしたいなあと、軽い気持ちで登録しました。在宅ワークと言えば、「テープ起こし」!と情報が数年前で止まっていました。

クラウドワークスに登録すると、システム開発、アプリ・スマートフォン開発、ハードウェア設計・開発、ホームページ制作・Webデザイン、ライティング、ネーミング、翻訳、事務、写真・動画、音楽・音響など、多くの種類の仕事がありました。

もちろん、専門性が必要な仕事は、経験と実績がある人が受けることになります。私が驚いたのは、ライティングの仕事募集の多さでした。

Webライターという仕事があることも知りました。インターネット上にのせる記事を書くライターを指しています。

文章を書くということは、比較的、簡単にできますよね。私は、ライティングのタスクから仕事を始めました。始めたばかりの頃、高単価のタスクの仕事がありまして、1ヶ月ほどで、1万以上稼ぐことができました。

その後は、色々なプロジェクト案件(クライアントと継続的に仕事をする案件)に、応募し、ライティングでお金を稼ぐことができました。

その頃、私は、なぜWebサイトに文章を載せることで、お金が生み出されるのかと疑問に思うようになりました。

調べると、広告収入やアフェリエイトをしていると分かったのです。クライアントによって、払われる金額は、様々です。高いクライアントもいれば、低いクライアントもいます。

自分が書いた記事が、どのサイトに載っているのか調べる方法があります。“ABC”のように ダブルクォーテーションで、自分が書いた記事をグーグルで検索します。すると、自分の書いた記事が載っているサイトを見つけることができます。

クライアントによっては、企業名を伏せて募集していたり、載るサイトを教えてくれない場合もあるのです。

自分の記事が載っているサイトを見つけて、「このレベルの会社、あるいはサイトが、このくらいの金額をライターに支払えるのか」と分かるようになりました。

ライターに支払っている金額が、サイトの価値を表しているといってもいいでしょう。

クライアントとは、外注でライターに記事を依頼し、広告収入をあげているわけです。

実際に、いくら儲けているかは、分かりません。しかし、ライターに支払ったお金以上は儲けているといえるでしょう。中には、外注でサイトを作り、月に10万ほど継続的に売上げていると話を聞きました。

これを聞いたら、ライターさんは、自分もブログや、サイトを作ってみたいと思うのは当然です。記事を書くことは、1500文字程度でも、調べたりする内容であれば2時間ほどかかったのです。文字単価1円以下の仕事が、ほとんどで、労力は大変なものなのです。

そこで、自分でもブログでお金が稼ぎたいと思い、ブログを始めることになりました。

クラウドワークスで仕事をして、ワードプレスで記事を書くことになれました。ワードプレスが難しそうという方は、ライティングの仕事で慣れることも、一つの手だと思います。

クライアントさんによって、設定がちがったり、マニュアルを見たりと、勉強になることばかりです。全ての仕事が、その後の仕事やブログを作る時に役立っています。

スポンサーリンク

XSERVER(エックスサーバー) を契約したきっかけ

はてなブログを始めて、色々と良かったことがありました。

グーグルアドセンスにも受かり、グーグルアナリティクスや、グーグルサーチコンソールなど、今まで知らなかったことを、体験することができました。

スターや、読者がつくのも、記事を書く励みになりました。アフェリエイトで収益も生み出すことができました。ツイッターで集客することも始めました。

「スターをつけたからスターをつけ返す」、「読者になったから読者になる」といった交流の大切さも感じ、一方で疑問も抱いたのです。

何の為に記事をかくのか、「人の為になる情報を伝える為」、確かにそれもある。

しかし、ブログで収益化をするために始めたのだと、気づきました。

そして、 XSERVER(エックスサーバー) の初期費用が半額と聞いて、始めようと決断しました。

スポンサーリンク

XSERVER(エックスサーバー) の料金

Xserver (エックスサーバー) の契約をして気づいたことがあります。 Xserver (エックスサーバー) には、10日間の無料お試し期間があるのです。これって、すごく良心的ですよね。安心感があります。

月々の料金ですが、X10プランをご紹介します。(初期費用1500円は10月10日18時まで)

・3ヶ月 1,200円×3 初期費用1500円  合計5,1005,100円

・6ヶ月 1,100円×6ヶ月 初期費用1,500円 合計8,100円

・12ヶ月 1,000円×12ヶ月 初期費用1500円 合計13,500円

・24ヶ月 950円×24ヶ月 初期費用1500円 合計24,900円

・36ヶ月 900×36ヶ月 初期費用1500円 合計33,900円

Xserver (エックスサーバー) では、契約更新時の支払い料金を支払い期間で選ぶことができます。

・1ヶ月(カード自動更新) 1,000円×1ヵ月 1,000円

・3ヵ月 1,200円×3ヵ月  3,600円

・6か月 1,100円×6ヵ月 6,600円

・12ヵ月 1,000円×12ヵ月 12,000円

・24ヶ月 950円×24ヵ月 22,800円

・36ヶ月 900円×36ヶ月 32,400円

私は、3ヶ月を選びました。有料のブログ運営に、なかなか踏み出せなかった原因として、ずっと、お金を支払うということに、不安がありました。

しかし、月に1000円。ドメイン代は年で1000円ほどです。月に1000円って、コンビニに行き、適当に買い物したら、あっという間に1500円くらい買ってしまいます。

好きなアーティストのCDだったら、4000円でも、ポンっと支払いますよね。ストレスが貯まって、衝動的にケーキ屋で1000円くらい使うこともありますよね。

月1000円程で、勉強と将来の資産と考えたら、安すぎるくらいだと思いました。

上手くいかなかったり、嫌になったら、3ヶ月で辞めることもできます。

ワードプレスでブログを始めるためには、ドメインをとって、サーバーを契約して、ワードプレスをインストールして、設定をして、記事を書く、という少し長い工程があります。

こちらの記事が分かりやすいので参考にしてみて下さい。

【完全版】初心者でも挫折しない!WordPressでイチからブログを始める方法を徹底解説【画像70枚】 | シンプルライフ(無印ハヤシのブログ)
こんにちは。こーせい<h_0918_k>です。 「ブログを始めたいけど、何から始めたら良いのかわからない...!」と悩んでいる方は非常に多いと思います。 それもそのはず、本記事を書いている僕自身ですら、WordPressでブログを始める時は「初期設定が面倒!」って思ったくらいですから...。笑 そこで本記事では、「ブロ...
ネームサーバーの変更|お名前.com Navi ガイド|ドメイン取るならお名前.com
お名前.com Naviへのログイン方法やログインに必要なID・パスワードの再発行方法、ドメイン移管、DNSレコードの設定、レンタルサーバーの申し込みなど、各種手続き方法をご確認いただけます。

ということで、勉強のため、収益化の為に Xserver (エックスサーバー) でブログ運営を始めてみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました